iPhoneアプリの企画・開発・申請まで、ITサービスによるお客様のビジネスや業務内容の効率化をトータルサポート | 株式会社ドレイク・ネットワークス

DrakeNetWorks | ドレイク・ネットワークス

技術ブログ

新規UIの開発

2019-03-05

IMG_5264

カレンダーを使ったスケジュールUIとTinderのUIを組み合わせた

マッチングUIを作りました。

例えば3月10日に予約が取れる飲食店がカードとして並びます。

気に入った店舗を右に、気に入らなかった店舗を左にスワイプすることで、

お店の予約をする等の使用を想定しています。

Canvasの使い方

2014-04-02

Canvasの使い方です。

Canvasは

ソースなしでUIViewにアニメーションをつけるための
オープンソースです。

ストーリーボードから

・type

・duration

・delay

を設定するだけです。

NSLog2 CGRect,CGPoint,CGSizeを表示する方法

2013-12-24

 

CGRect,CGPoint,CGSizeは座標、サイズを同時にもった変数なので、

そのままではログで値を確認することができません。

CGRect rect = CGrectMake(10,10,100,100);

NSLog(“rectx:%f”,rect.origin.x);

というようにNSLogでそれぞれの値を一つずつ表示することが可能です。

 

しかし、これはめんどくさい。。。

 

NSStringFromCGRect,NSStringFromCGPoint,NSStringFromCGSize

を使えば一発でNSLogに値を表示することができます。

CGRect,CGPoint,CGSizeとは?

2013-12-24

Objective-Cで座標をプログラムから扱うために以下3種類があります。

・CGRect

x座標、y座標、横幅、縦幅をもった値

・CGPoint

x座標、y座標をもった値

・CGSize

横幅、縦幅をもった値

 

上記3種類を作る時は以下メソッドで作ります。

CGRectMake(x座標、y座標、横幅、縦幅);

CGPointMake(x座標、y座標);

CGSizeMake(横幅、縦幅);

 

Objective-Cの座標系

2013-12-24

 

Objective-Cの座標系は少し変わっています。

左上を(0,0)ととり、下に行く程y座標の値が大きくなっていきます。

4.0インチ(iPhone5以降)

320×576

3.5インチ(iPhone3GS,4,4S)

320×480

MapViewのエラー

2013-12-18

Objective-CでMapViewを使おうとしてエラーが出た場合は動画をご覧下さい。

*** Terminating app due to uncaught exception ‘NSInvalidUnarchiveOperationException’, reason: ‘Could not instantiate class named MKMapView’

switch文で変数宣言する時のエラーと対処法

2013-12-18

switch内で変数宣言した時にエラーが出たら以下動画を確認。

case 0:{
}

このように{}カッコをつけるとエラーが出なくなります。

NSArrayを使う時のエラー

2013-12-18

こんなエラーが出たらずばりNSArrayのエラーでしょう。
*** Terminating app due to uncaught exception ‘NSRangeException’, reason: ‘*** -[__NSArrayI objectAtIndex:]: index 2 beyond bounds [0 .. 1]’

NSArray のobjectAtIndex: に渡す引数の数がNSArrayの要素数より多くないか確認して下さい。

Objective-Cでアクションを使う方法

2013-12-16

ストーリーボード上のボタンからCtrl+ドラッグでアクションをつなぐ。

Outletの使い方

2013-12-16

ストーリーボードのUILabelからCtrl+ドラックでOutletを結びます。

« Older Entries

© 2004-2022 DrakeNetWorks Co., Ltd. All Rights Reserved.